32597

■ コスモス 夕陽をあびて

 

32597
■ かおる 10ヶ月

 

32597

 

■ フィルムカメラ撮影のリハビリ始めました。フィルムカメラへの愛着から離れられなくって、ハッセルブラッド・マミヤRB67・ニコン・コンタックス、時々なでておりましたが、秋です。涼しくなって動いてみたくなりました。デジタルカメラ(フルオートマティック・ニコンD3S)全盛の時代に、マニュアルカメラをおそるおそる手にしています。被写体は5才のあおいちゃんと10ヶ月のかおる君。そして昭和の遺産のような古い商店のたたずまい。何度か失敗しないと戻れないと思うけど、やらないかぎりリハビリはできない。買いだめしたフィルムは冷凍庫にあります。

 

■ 9月の明光寺様お彼岸法座(昼座・3日間)をやってみて、ZOOMによる「経典講座」がやれそうな気持ちがしております。『仏説無量寿経』をあらためて開いてみたいのです。2020/10/16 gensho

 

■ お彼岸連休ですね。 2020/09/19
■ おはようございます。秋めいてきました。明日から正定寺秋彼岸です。夜更かししたので、まだぼんやりしています。

 

■ 明光寺オンライン秋彼岸会 予告 2020/09/18
■ 今朝は未明から雷雨でした。福岡県飯塚市南尾:明光寺様(中尾流一住職)のご依頼により、今年の明光寺様秋彼岸会はZOOMによる法座を開くことになりました。9月28日・29日・30日三日間の昼座のみ。午後2時〜4時くらいまで。接続テストもしてみました。正定寺秋彼岸会は、9月20・21・22日三日間、午後1時半開始3時頃まで。どちらもZOOMで配信します。ご希望の方は、当サイトのサイドメニュー「正定寺ZOOM彼岸法話」のところに申し込んでください。メールアドレスとお名前を送ってくださると、法座のURLを送信します。

 

■ 今朝は早朝から曽我量深師の若い頃の著述『曽我量深選集 第2巻』を読んでいました。本当にすごいです。曽我先生の「原始人の念仏」が聞こえてきます。昨日は終日、入矢義高先生(京都大学中国文学)の『自己と超越』を読みました。中国唐代の禅問答の言葉遣いの考察です。中国唐代(またはそれぞれの時代)の禅匠たちは、日常語・俗語も交えて自由闊達に火花を散らしました。その問答の言葉の禅門のお坊さんたちの漢文の読み間違いを指摘されています。禅問答には当時の俗語・日常語・方言もあって、必ずしも仏教語でない場合、まったく違う意味に解釈されて来た言葉もあります。入矢先生は、問答の宗教的意味の解釈にいきなり入るのではなく、その時代の言葉のままをまず突き止め検証し、そこから問答の解読をするという方法を提示しています。研究の当初では禅仏教界(僧侶)からの反発もあったと聞きます。柳田聖山師と入矢先生を中心にして編纂された『中国 禅の語録 全20巻』(花園大学 日本禅文化研究所刊)において、おおくの校正がほどこされました。入矢・柳田の出現によって、中国の禅籍の旧来の読解が変わったといっても過言ではありません。この本も通読3回目です。

 

■ 暑さが少し峠を越えましたので、読書の意欲が戻ってきました。8月は、ただだらだら避暑で過ごしましたが、書斎の掃除をして、読書・執筆・陶芸・木工の生活に戻ろうと思います。正定寺と明光寺様のお彼岸では、新しい角度からの法話に挑戦しようと思っています。

 

■ 禅問答つづき 「麻三斤」
■ 中国禅の巨匠は唐代に生まれました。自由闊達な問答で、互いの境地を磨き研鑽しました。禅問答というのは、今日でも一般的には「何が何だか分からない会話」を言うことが多いようです。唐代は、まだ禅が公案禅としてパターン化してはいませんでした。禅では経典を用いて宗派教学を学ぶということには重きを置かず、むしろそのような「説明仏教」を拒否したのです。それが時代が下がるごとに、古き禅師たちの問答エピソードが「禅の語録」にまとめられ、その問答の謎解き「公案禅」が主流になってきます。「父母未生以前の自己とは何ぞや」、「祖師西来の意とは何ぞや」、「仏法的的の大意とは如何」という問いの形も決まってきたのです。

 

■ 「麻三斤」という公案があります。僧、洞山に問う。「如何なるか是れ仏」(仏とは何ですか?) 洞山いわく、「麻三斤」  ・・・・・・ とても有名な問答で、『碧巌録』・『無門関』・『空谷集』などの語録にも取り上げられているのですが、何を答えているのか、わたしも正直分からなかったのです。禅僧ではない入矢先生は、ごく控えめながら、「麻三斤」が仏教界でどのように取り上げらっれてきたか、ここでは問わない。・・・・・・ と言いつつも、中国でも、日本でもお坊さんたちの問答の、「麻三斤」の意味ははっきりしなかったのではないか、という含みの物言いをされています。『禅の語録』に金科玉条のように祭り上げられた死語は、もう生命体ではありません。浄土真宗のお説教も、死語となった仏教語の羅列がなんと多いことか。「お前のはらわたから、活きた言葉で物を言うて見ろ」。サキイカと スルメと イカの塩辛と ゲソの刺身を いくら組み立てて繋ぎ合わせても 生命体の烏賊にはなりません。生きて泳ぎません。でも説法者は、あちこちかき寄せてきた「イカ」(知識)を60分つなげたら、活きた烏賊になると思っているのです。退屈! 

 

■ 私(入矢先生)は以前から、「麻三斤」は麻糸か麻布の量のユニット(単位数量)ではないかと疑っていた。そうしたら、禅文化研究所での研究会で京都大学の吉川忠夫氏が、私のこの類推をヒントにして見つけ出された基本資料を提示せられた。唐の玄宗勅撰の法典集『大唐六典』巻三の租庸調(税)の徴収法の原則を説いた一条である。「課戸は丁ごとに粟二石を上納する。・・・・・・中略・・・・・・ 布を上納するものは、「麻三斤」を追加して上納する。・・・・・・ では、製品化された麻糸三斤とはどのような重さ・量なのか、という当時の古文書・法律書を解きながら突き詰めていくと、「僧侶一人一着分の衣の布」だと突き止めた。

 

■ 僧、洞山に問う。「如何なるか是れ仏」(仏とは何ですか?)  洞山いわく、「麻三斤」 (お前さんの衣一着分の材料はちゃんとそろえてあるぞ」・・・・・・ と言うことになる。・・・・・・ ところが質問者は自己の外に「仏」を探しているから、答えの意味が分からない。禅問答のすれ違いはよくここに起こる。「仏」という概念の説明を求め、頭の中を知的な偶像で満たそうとする質問者と、「仏か。お前だよ」と言っている師匠。「麻三斤は、お前が着ずして、誰が着る」 ・・・・・・ それは決して説明という形をとらない。  ・・・・・・ お前のような奴(ロバ)は出直してこい、と突き放すだけ。

 

■ こんな言葉が、禅仏教伝来以来、日本でもなんとぞんざいに扱われて来たのだろうか。いやこれは仏教全体に言えることなのだろう。用心・用心!

 

■ 台風10号 風雨がだんだ強くなってきました。 2020/09/06
■ お昼になって、もう一回り、見回って来ました。風に飛ばされそうなものは室内に、倒れそうなものは倒して伏せました。池の自噴水も止めました。山門の扉を開放して、門柱にロープで縛りました。キ城は、今日18時ころから明日3時頃までが一番強そうです。総合福祉センター「けねじゅ苑」はもう避難者でいっぱい、町体育館にも避難者が行っていると、息子が報告しました。やっぱり10号は怖いですね。

 

■ 台風10号対策 2020/09/05
■ 午前9時〜10時20分、「総代・組長会」でした。台風前なのでテキパキ短時間で終わりました。15時から三菱プロパンガス発電機のエンジンオイル交換して小1時間の試運転もしました。プロパンガス発電機は、ノンストップで100時間、2200ワットを出力します。100時間経ったらエンジンオイル交換です。厨房:滴水庵の分電盤のレバーを九州電力側から発電機側に切り換えると、一棟全部の電気が流れます。停電時はここのコンセントから自宅電源に取り入れます。すると自宅冷蔵庫も動き続けます。家族には各自ランタンを持たせています。あとは強風で飛び散りそうなものを室内にいれます。(滴水庵は災害時の炊きだし拠点です。)今年中に自宅用非常電源も検討します。

 

■ 防災ロウソク「お念仏のともしび」は、元仏婦会長の鈴子さん(88才 独居)にも届けたら、たいそう喜ばれました。ちょうど、懐中電灯などの用意をされているところでした。さっきお寺の隣人の利見さん(92才・独居)見に行ったら留守で、息子さんが連れていったみたい。一安心。真向かいの洋子さん(80才・独居)にもロウソク持っていったら喜んで、こうなったら停電が来てくれたらいいのに、と笑顔。

 

■ 皆様にお願い 寝室には懐中電灯などの他に、雨具・雨靴・または運動靴も入れておいてください。もし、木の枝などが窓に飛んできてガラスを破った場合、室内でも素足では歩けません。雨戸を閉めるか、ガラス戸のカーテンを閉めて洗濯ハサミで数カ所止めるかしましょう。カセットコンロのガスボンベ、買い足しましたか。今回の停電は長いかもしれません。高圧送電線の復旧工事をなんども見ておりますが、一箇所の復旧に作業車数台、10数名の作業員でやってます。被害が大きいと、人手が足りないのです。では、もう少し、防災対策してきます。gensho

 

32597
■ 防災ロウソク 「お念仏のともしび」完成! 2020/09/04
■ロウソクの芯を色々試してみましたが、木綿の太めの芯、木片を金具で自立させる方法、やってみて、現段階では木片に落ち着きました。この方法だと、芯が自立しているので、一度に10個くらい作れます。炎の姿もきれいです。

 

32597
■台風10号が来ます。九州にとって一番危険なコース、最大規模の台風です。昨年の台風で一番停電の長かったのが夏尾町上馬渡地区(高齢者門徒6軒)で、10日停電、電話不通15日間でした。送電線が山林を通っているので、復旧工事が進まないのです。その隣が下馬渡地区(門徒10軒)。この2地区に今日のうちに一軒に2個ずつ「お念仏のともしび」を届けに行きます。鯖の味噌煮缶詰(空き缶)に「お念仏のともしび」のラベルを貼って、ハガキサイズのメッセージも作りました。灯火は10数時間もつはずですから、2晩はもちます。9月6日が危ないですね。鹿児島・宮崎・熊本・佐賀・長崎・福岡のラインです。皆様、早めの防災対策を!

 

■明日午前9時から予定通り「総代・組長会」をします。「仏教婦人会役員会」は8日に延期。台風10号通過のあとは、電話連絡網を使って被災状況調査を行います。今日は、午後から防災ロウソクくばりとLPG発電機のオイル交換、わが家の台風対策をします。gensho

 

■いま15時20分、上馬渡と下馬渡に「お念仏のともしび」を届けてきました。上馬渡は門徒数6軒ですけど、3軒は施設入所などで不在だったので、一軒4個にしました。下馬渡10軒は一軒2個。10日間も停電でなにもしてあげられなかったこと、何故かというと、送電線の系統路が違うので、停電日数がばらばらで被災状況を把握できなかったからです。県外の被災地には支援物資を送ったりしているお寺が、地元でこの不始末です。一年間心に刺さった刺がやっととれました。また前進です。2020/09/04正定寺ダーナ事業50年

 

■ ZOOMで遊ぼっ!2020/08/28
■ オンライン会議ソフトに「ZOOM」というのがあります。正定寺では今夏、ZOOMを使っての初盆法要をお勤めしました。キ城出身のNさん(東京)とその兄弟(千葉県松戸市)・(三重県伊賀市)・(福岡県大牟田市)・(キ城市)・(正定寺本堂)を結んで、お父上の初盆をお参りしました。それぞれのパソコン・アイパッド・スマホの画面でお互いを映しながら、会話もできました。コロナが様々にわたしたちの社会生活を分断しています。お寺も次の一手を考えなければ、行事も法座もできません。先日、飯塚市明光寺様(中尾ご住職)に電話をしまして、「今年の秋はコロナで、秋彼岸法要はお休みでしょう?」とおたずねしました。毎年招かれて出講していますが、この秋も行くのか、行かないのか、確認したかったのです。住職は、「ZOOMで法話してもらえませんか」と依頼されました。「あっ、いいですね。それなら全国どこからでもお参りできますよ」とすぐ了解しました。日時がまとまったら、このアミダネットでもお知らせします。

 

■ ズーム会合(オンライン上)に参加するには、ズーム無料版ソフトをダウンロードしてください。すると、会議日時のURLを当方からメールしますので、そのURLをその日時にクリックするだけで参加できます。・・・・ ソフトがなくても、URLが分かれば、不特定多数の方々が、誰でも、どこからでも参加できるのですが、それでは、法座が整然と保てなくなる危険性もあります。
ZOOMインストゥール

 

■ 実験的に接続テストもしますので、メールください。gensho

 

32597

 

32597
■ 復活した「ビアレッティ」 エスプッレッソマシン。右のアルミフィルターにコーヒー入れて直火で沸かすだけ。ガスコンロなら一番小さなレンジ。写真はキャンプ用固形燃料で。お湯が沸騰し始めるとゴボゴボっと蒸気の圧力でコーヒーを蒸らし、上の容器に吹きあがってきます。そのときの香りのいいこと。ゴボゴボの音がやんだらエスプレッソ完成。左は2〜3人用。真ん中のカップは、娘が小学一年生のとき飯塚の中尾徹昭さん(明光寺住職)と明光寺ご一行のスリランカ仏跡旅行に誘われていった山上のホテルの朝食にでたデミグラス(ホテルのマーク入り)、あまりの可愛さに、ウエイターさんにお金を出すから分けてほしいと懇願。「ノーノー、これはホテルの備品、売り物じゃない」、「そこをなんとか」の応答の末に、ウエイターさんはくるりと体をひるがえして行ってしまった。知らん顔で帰って来た手には新聞紙で包んだ何物か、指で口をふさぐ仕草をしながら、「黙って持っていけ」の合図。もちろんお金は受けとらなかった。・・・・・・ いろんなことしてきた自分ですねえ。いま見ても可愛い。「ビアレッティ」も可愛いでしょ、特に1人用が。あまり高くもないから、ご購入いかがですか。「BIALETTI」、ビターな独り時間をごゆっくり。2020/08/26

 

■ テントを洗う。2020/08/24〜26
娘がまだ幼稚園時代だから33年前かな、親子3人のキャンピングテントと日よけの幕(タープ)を買って使ってました。ヨーレイカというアメリカ製ともう一張り。あれから30年、しまったままでしたが、葵たち親子4人の夏遊びに使えないかなと思い、取り出してみました。少し汚れている。カビ臭い。捨ててもいいかなとも思いましたが、厨房の流し台で中性洗剤で洗ってみることにしました。テント内幕・フライ外掛け・タープ日よけの3種類です。雨水の浸透を防ぐ防水膜は劣化していて、みなフニャフニャに剥げました。川に流さないように、細かな目のネットで全部受けて回収し、手もみでゆっくり洗いました。葵たちの夏遊びや、来年の「夏休み子ども寺子屋」の子どもたちの秘密基地にできたらと思って、もう一張りも洗います。子どもは、「ここは秘密の基地だよ」という言葉にワクワクするものです。寝泊まりするだけがテントの使い道ではありませんね。洗剤に一晩つけ込んで、もみ洗い、すすいで日陰干し、これを3度繰り返しました。臭いもとれて、いい感じになりました。破れた所もないし、十分使えそうです。この頃は新品買っても、安いです。でも、わたしにとっては想い出のテント。それと、ほったらかしになっていた、イタリア製エスプレッソマシン「ビアレッティ」、洗ってまた使い始めました。一人用と二人用の2つ。わたしはあまり日頃はコーヒー飲みません。喫茶店に行ったら、ウインナーかカプチーノかエスプレッソを注文します。ビターで薫り高いのが好き。
■ テント(ヨーレイカ)とタープ(オガワ)洗い終わったので、別な場所に置いてあった一番古いテントB(家族キャンプサイズ)も洗おうかと見に行きましたら、ネズミがかじった穴がいくつもあり断念しました。過去も処分していかないとね。けど、ヨーレイカ(アメリカ製)、ogawa(日本を代表する老舗メーカー)を持ってたなんて、昔から凝り性だったんだなあ。1人用テントをまた買えばいいしと、かえって喜んでいる自分。gensho

 

■ 秋の準備です。2020/08/24
■ あおいは機嫌良く幼稚園に登園しました。まずはよかった。しぶっていたけど、先生やお友達の顔みたら気分変わったみたいです。あおいったら、じいちゃんの頭(特にバリカンで0.8mmに刈りそろえたばかり)の手触りが好きで、知らぬ間にうしろに回って、なでなで手触りを楽しんでいます。

 

■ いまちょうど雨雲のした。久しぶりに大粒の雨が降ってきました。庭木も田畑の野菜も疲れ気味。青息吐息ですから、恵みの雨。

 

■ 秋の行事の準備してます。正定寺内のこともあるのですが、毎年秋彼岸会には飯塚市の明光寺様に出講します。どのお寺様もコロナ対策で、法座が開けず困っておられます。今年はお休みだろうと確認のため電話しました。ご住職は、「理事会で相談してのことですが、今年はインターネット・オンラインZOOMでつながって、2〜3日:一日一座の法座をしたらと考えています」とのご提案。わたしは早速賛成しました。それなら、明光寺ご門徒だけでなく、全国各地からネット上にご招待できるからです。試みる価値はおおいにありそう。

 

■ 7〜8月にかけて、キャンプ用品の小物のお買い物してます。テントは2張、調理器具も娘が子供の頃買ったものが、まだきれいにしていますので、涼しくなったら点検して、水洗いするつもり。秋めいて朝夕が涼しくなったら、日帰りでも一泊でも、ぶらぶらしてみたい感じ。 

 

■ 明日24日(月)から孫娘は幼稚園2学期。行きたくなさそうです。

 

■ 浄土教はなぜ出現したのか? 出現せねばならなかったのか?

 

 炎暑の毎日で、室内避難の生活です。日頃からもやもやと考えていること、どこまで書けるか、適切な文献史料を提供できるかどうか分からないけど、その作業は涼しくなってから書庫など籠もることにして、ともかくフリーハンドで書き始めてみます。原稿は、サイドメニュー「仏説無量寿経の根本問題」に連載します。2020/08/20(木)

 

■ 猛暑、避難生活です。2020/08/19(水)
昨日、都城市は39.4度。正定寺ではエアコンのない門徒ホールで35度でした。もう逃げの一手です。エアコン26度にして部屋にこもりっきり。お盆もすんだことだし、何にもしない一日でした。お盆中は、8/8〜8/16までばらけてお参りされ、混雑もなく無事乗り切りました。gensho

 

■ ZOOMオンラインでの初盆法要 できました。2020/08/12(水)
昨日、午後2時から、初めてのオンライン法事をおつとめしました。千葉県松戸市・三重県伊賀市・福岡県大牟田市・都城市・喪主(東京)を結んで、正定寺本堂でお参りしました。1) 参拝者入室 2)住職あいさつ 3)喪主あいさつ 4) 読経「正信念仏偈」 5) 法話 6) 茶話会(参拝者相互の会話 住職との会話) 7) 住職あいさつ 8)喪主あいさつ  (閉式)で60分くらいでした。ちゃんとできてよかったと、どーっと疲れました。でも、帰郷できないご遺族にこんな形の法要も提供できて、よかったと思っています。
■それと、厨房「滴水庵」とわが家の冷蔵庫の掃除しました。冷凍室までつるつるに掃除して、気持ちがいいです。氷もさわやかにできています。

 

■ 今日からお盆のお参りです。  2020/08/09(日)

朝9時は6組の初盆お参り。昨日、朝9時から声がするので厨房に行ってみたらトシエさん・アケミさんがお掃除してました。床を全部タワシで洗ってもらってサッパリになりました。今日はゴミ出しの日。掃除に使った黒ずんだ布巾やスポンジも出して、新しい布巾やスポンジで始めます。あとはガスレンジの上の換気扇フード、少し汚れが気になるので、ここをふいて終わりかな。

 

■ 滴水庵のお掃除つづき その3  2020/08/06

■かおる(8ヶ月)とあおい(満5才)は池のベランダにビニールプールだしてもらい上機嫌に水遊び。副住職は門前のブロック積み。わたしは厨房の棚の整理と冷蔵庫の掃除でした。安い冷凍庫買ったので、フィルムと印画紙はそちらに引っ越し。古くなった冷凍食品は処分。未開封のお抹茶はそのまま。一段ずつ引き出して洗ってふいて掃除。棚の道具は、予備のふきんタオル・割り箸・食用油凝固剤などそれぞれ透明密閉パックに入れてゴキブリ対策。そろそろトシエさん・アケミさんに頼んで床掃除・ガラスふきなど大掃除して終わろうかな。昼寝の時間は、寺務所に寝っ転がって楽焼き抹茶茶碗をながめながらウトウトでした。5時で作業終了。

 

■ 滴水庵のお掃除つづき その2  2020/08/05

■今日は、昼休みにお昼寝をはさみ、寺務所にエアコンをかけ、座布団4枚敷いて、楽焼き陶芸の解説書読みながらウトウト。3時〜5時までお掃除してシャワーでした。両方の腕がつり始めたので作業終了。ちょっと疲れた。でも終わりが見えてきた。

 

32597
■ 滴水庵のお掃除つづき 2020/08/04
■やっぱり中華レンジから始まる玄章流の厨房掃除。鍋に笑顔がないと美味しいものできません。レンジの左側の鍋は、真鍮鍋。小鰺やアラカブの揚げ物でも使ってみたい古道具。この深さに油は5cmだけ。つまり跳ね出さない。あのー、道具は生き物、フライパンでもなんでも自分なりにあい相棒を育てるものなんです。

 

32597
■2019年、去年は羽釜や鉄鍋などインターネットオークションでよく買った年でした。子供たちに大鍋にいっぱいの具材をいれて薪で焚く楽しさを感じてほしい。右奥の平鍋では春休み子供寺子屋で焼きそば作りました。カレーって材料切ったら煮込むだけですることがない。混ぜたり、かき回したり、ソースかけたり・・・・・・ 子供たちが参加できるレシピがわたしの理想。この平鉄鍋は直径50cm、平鉄板ではないからこぼれない。左手前の鉄鍋は年代物。春はタケノコゆがきで薪釜で活躍しましたが、3連ガスレンジで煮物・揚げ物にも使うつもり。明日は最後のオーブンレンジの掃除と調味料棚の掃除。4時30分で切り上げて、シャワー浴びて寺務所にエアコンつけたら、疲れて寝てた。腰がまだ痛い。そのツケが左足ふくらはぎにきて、カチカチ、パンパン。でもしぜーんと身体は厨房に向かう。ハイハイと、わたしは従う。gensho

 

■ 厨房:滴水庵の大掃除してます。2020/08/03
台風4号が朝鮮半島から北海道に向かっていくそうですから、防災ロウソク作りはもう少し時間がかせげます。明るくてススがでない芯をネットで探しています。■ 前から気になっていた厨房の掃除を昨日から始めました。コロナ禍で3月からお寺の行事が止まり、厨房もまったく稼働しません。行ってみると、レンジ周りも、テーブル面もカビだらけです。油や食材のふきのこしにカビがわいたのです。いつもの順番で中華レンジから始めました。分解してLPGガスのホースまで洗いました。鉄の中華鍋も使わないと錆びたり、モヤッと油汚れが浮いています。特に揚げ物で使う大鍋は、ゴムみたいに固着した油汚れが鍋裏に貼り付いています。マジックリンを泡状に吹きかけて、キッチンタオルをかぶせ、またマジックリンを染ませます。そのまま時間をおくと油が分解されて浮いてきます。(この方法が今日の発見)一番頑固な鍋は明日朝まで置くことにしました。4時半には作業終わってシャワーにしました。小さい中華鍋は、洗って火にかけ、油敷きでうすく油をなじませ、ふきとって吊り下げました。■ トシエさんとアケミさんが手伝うって言っているのですが、レンジ周りの油汚れをゆっくり丁寧に一人でやってから、全体清掃のときに頼むことにしました。いろんなこと考えながら、一人手を動かすことが今の自分にはあってます。それにしても、中華レンジと中華鍋が、ぼくは好きなんですね。コロナ禍で行事はできなくても、災害時には滴水庵は炊きだしに動きます。備蓄物品のチェックも必要です。 gensho

 

■ 暑中お見舞い申し上げます。豪雨・コロナ禍・猛暑の夏、皆々様どうぞ御身お大切にお過ごしください。昨日8月1日は、午前7時〜8時まで夏の奉仕作業をしていただきました。北山田・丸谷地区の方々、暑い中、誠にありがとうございました。梅雨あけと同時に台風発生と聞いて、「非常用ロウソク」の製作を始めました。去年の台風20号で門徒区域の多くが停電しましたが、停電なし、停電1日、3日・4日など町内でも被害がバラバラで住職は全体の被災状況が把握できませんでした。一番長かった地区が上馬渡で10日間。電話不通が15日間でした。山越えの高圧電線が切れて、倒木が多く修理現場まで行くのに日数がかかりました。水道もモーター汲みあげだったこの地区は高齢者ばかりで大変でした。でも、そのことが分かったのは1ヶ月もあとのことで、申し訳ないことでした。そこで、今年から台風・地震・豪雨の災害のあとは、緊急電話網を駆使して、門徒区域の被災状況を調査することにしました。県外の被災地見舞いも大切ですが、まず門徒同士助け合いたいのです。■ 本堂のお参りで灯し、ちびたロウソクを古鍋で煮て溶かし、茶漉しの網でゴミをふるい、古薬缶に注ぎます。鯖の味噌煮缶詰の空き缶は、下馬渡の土屋さん(婦人部)がたくさん持ってきてくれました。深さ5センチの角トレーに水を張り冷ましながら、空き缶にロウを注ぎます。ロウの表面が半カタマリに冷えて来たところに、(写真左)はやや太めの灯明芯をさしました。(写真右)はロウソクを立てました。芯が太い方が明るいのですが、少しススが出ます。この缶ロウソクだと12時間以上もちます。写真左の方法で作業を進めることにしました。まず、上馬渡地区6軒に一軒3個ずつ配付します。百均で下に敷く陶器の皿も、ライターもセットにします。あとは、山奥の地区を中心に配ろうと思って準備中。空き缶の周りには何か言葉を書いて、貼ります。溶かしたロウにどうやって芯を真ん中に立てるか、色々やってみました。ロウをトレーの水で冷ましながら、ゼリー状になったとき立てるのが一番効率的であることが分かりました。水道工事が完成した欅風工房で一人やってます。gensho 2020/08/02

 

■ 水道工事 2020/07/29

 

32597
 ぎっくり腰の一歩手前で今日はお休み日。昨日は欅風工房の水道工事でした。欅風工房は、内装工事・電気照明工事・水道工事・換気扇取り付け工事がまだ残っています。電気配線・水道配管は建築時にすんでいるのです。昨日は、配管元から水道塩ビ管の立ちあげ、蛇口の取り付け、排水溝への水処理をつなぎました。陶芸すると水が身近に必要です。終わった小道具の水洗いも楽になりました。
 この2連シンクの流し台は池田商会で見つけました。「304」というプロ用高級ステンレスを使った特注品です。大学の化学実験室やホテルで使われる特注品です。それが驚くような値段で置いてあるので店長さんに聞くと、「都城駅前イオンのテナントショップが開店に際して作らせたんだけど、サイズ間違いの発注をしてしまい、納品されてから気がついて、上司に叱られる前にこっそり処分してくれっていう曰く付きの品とか」、ぼくこういう品物によく出くわすんですよね。なんといっても磁石が付かない上質ステン、しかもシンク2連、即決買いました。バケツがスポットはいるちょうどいい深さ、左側の台も1.5cm位の深さがあって、ここは電動刃物研ぎ機が使えます。右側のステンの小棚もなんかの曰く付きの新品。ガスレンジ持ち込んで、鶏ガラことこと煮込みながら粘土遊びができます。後は板壁と思ってましたが、この部分だけは不燃材を貼ることにしました。あともう少し断捨離で片づけたら格段に快適になります。子ども寺子屋が中止になった分、時間にゆとりができました。都城市内でまた、感染者がでた模様。 

 

■ 第4回夏休み子ども寺子屋 開催中止決定。県北・高鍋町のスナックで集団感染が発生。7月26日のテレビ報道で客のなかに都城市在住の20代の女性が1名入っていました。都城市内では感染第1号です。仕方なく寺子屋開催中止と決断しました。今日、開催中止を保護者と山田小学校校長先生にお知らせしました。参加記念品に買っておいた小冊子2册も同封しました。残念ですが、次につながる中止でありたいと思い、子どもと親にお手紙を書きました。お手紙。2020/07/27 住職

 

■2020/07/26 本焼き完成。初めての電気釜シンポDMT-01での本焼き、冷まし時間が長かったあ。小型・家庭用・断熱・保温にすぐれた100V家庭用電源の電気窯なので、1240度の焼成時間が12時間、冷まし時間がなんと24時間かかることがわかりました。小型の窯だから4〜5時間で開けれると思っていたので、待ち遠しかったです。窯元の登り窯(薪窯)だと窯が大型ですから、本焼きに72時間、焼き上がってから窯開きまでに冷まし時間が5〜7日間かかることもあります。これでこの電気窯の特性が少し理解できました。

 

32597

 

32597
葵の誕生日記念作品。土は、備前焼きの本場物(10年以上前に買っていたもの)。絵皿が可愛く仕上がりました。絵小皿、上段が絵付けの一回目、わたしも葵も慣れないチューブ絵具で、青絵の具がどばっとでちゃって失敗かなと思ったけど、鯨に見立てて潮吹きさせたら面白い作品になりました。小皿下段左は2回目。葵に好きな色で線と点を描くけいこ。下段右が3回目。ピンクの花びらを厚く塗り、乾かせてから黄色い雄しべを厚塗り。文字はわたしが書きました。うさぎさんとお花のカレー皿。土は古信楽粘土の白系。輪郭を彫って、その凹部分に絵具を埋めて見ました。今朝、窯出しして葵に見せたらよろこんで、下段右の花の小皿に、これに何を乗せるのと聞いたら「チョコ」と答えました。5才児ですね。「漬け物」とは言わないんだ。

 

32597

 

32597

 

上段の小皿4枚は、古信楽粘土の白系。下段のカップと小皿は備前焼きの粘土。そば釉をかけてみました。釉薬の粉末を200グラムに水140ccで溶いてちょっと厚めにかけて、1240度で焼きました。釉薬が窯内で融けて流れすぎると、窯内の棚板と作品がくっついて離れなくなります。作品だけでなく棚板が一枚パーです。用心のためアルミナという粉末(高温でも融けない。栄松幼稚園時代の遺産)を棚板に敷きましたが、うまく止まってくれました。焼き上がりを早く見たいと心がせいたのは、釉薬の流れ具合、融け具合を確認したいのもあったのです。1240度の時間をも少し延ばすか、1250度設定でも良かったかなと思っています。こんな風に、粘土・釉薬の特性、窯の特性・焼成温度・最高温度の延長時間でも、同じ作品が姿を変えます。一回一回、何回も試みて、自分の好みに近づくことに、陶芸の楽しみがあります。でも、第1回窯焚きは成功でした。さすが! gensho!

 

32597

 

32597
リハビリのためお茶碗作ったけどゆがんで、壊そうかとも思ったけど、ゆがみが面白いかもと気を取り直して、お抹茶椀にしてみました。備前の粘土にそば釉があうようです。この組み合わせで花器もよいかも、と思いました。

 

今日は、7月の「すっぴん」。行ってみたら、ギャラリィ212の店舗がえらい片付いていました。ここではオーナーのご子息(医者)のお嫁さんが小原流の生け花教室をされていたんですが、教室会場をご自宅に移されて、「すっぴん」に広く使ってもらえるようにという思いやりでした。感謝、感謝。今日はオーナー夫妻とハジメさん・ハルヨさんと5人でした。2020/07/26 gensho

 

■今回の本焼きは、今年の「夏休み子ども寺子屋」で陶芸制作に小学生とチャレンジする、その事前学習ということもあって、「粘土は何を使うか。釉薬は何がいいか。粉末釉薬の溶き具合、焼成温度は?」と想い描いての試みでもあったのですが、頭の中がだいぶまとまって来ました。でも、宮崎県内でもコロナ感染が広がってきていて、寺子屋開催がどうもあやしくなってきています。 

 

■2020/07/25 窯開き: 12時間かけて1240度で本焼きしてますが、1時間に100度くらいで冷めていく設計のようです。午前11時、いま800度です。断熱システムが相当すぐれているようで、200度まで下がるのに、ゆっくりです。この方が急熱急冷よりも窯も長持ちするのでしょうね。初めての本焼きなので、このDMT-01の性能がまだわかりません。どんな色で焼けたか、葵のお皿うまくいったか、・・・・待ち遠しいなあ。

 

釉薬かけがおわり、今日18時スタートにタイマー設定しました。焼成1240度まで12時間、冷ましに2時間で、明日の8時か9時には窯開きができます。窯詰めは高さ9センチの3段にしました。ワクワクです。

 

32597
■寺務所で葵とお絵描きしました。チューブの絵具を絞りながら描くのですが、力加減がなかなかむずかしく、一番最初の小皿(下段小皿)は、葵が青絵の具をどぼっと出してしまい、はてどう仕上げるかと思案して、ドバッの青を鯨に見立てて潮吹きさせました。2枚目(上段右)で少し慣れてきて、花小皿(上段内側)ですこし要領がつかめました。最後に、お花とウサギのカレー皿を絞り絵具と筆描きで描きました。もう一度窯に入れて、200度で乾燥させてから、透明釉薬をかけて本焼きです。今日は13:30から「子ども寺子屋スタッフ会議」です。

 

■2020/07/24 ひとつも事故なく「素焼き」ができていました。小型電気窯DMT-01の性能がすこしわかってきました。スタート時刻をタイマー予約もできるので、「本焼き 1250度 14時間」だと、夕方6時スタートに設定しておけば、あくる朝8時に窯が開けられるのだと理解しました。これだと寝ている間に窯焚きできるわけです。今日は、孫娘の5才の誕生日。「うさぎさんの皿」にいっしょに絵付けをします。

 

■2020/07/23 窯焚き2回目: 9:30より孫娘と作った作品の「素焼き 700度」を開始しました。1時間に100度のペースとして、夕方には焼き上がります。冷ます時間がいるので、すぐには絵描き・釉薬かけはできません。明日の葵のお誕生日に間に合わせたいのだけど。13:00 300度です。 15:30 500度です。 700度になるのは、19時くらいかなあ。 明日の午前中にお絵描き&透明釉かけ、または「そば釉」をかけます。いまから、DIYハンズマンにタッパーでふたができる容器(水で溶いた釉薬の容器)を買いに行きます。18:00 700度到達 あと2時間は徐々に電力をさげて、120度まで下げてENDです。

 

■子ども寺子屋は、中学生1・2年生女子4名が申し込んできて、28名になりました。今年はコロナのせいで、昨年までに参加した子どものなかで、現在小学生の子に限定して28通参加案内を郵送しました。町内3小学校への公募は3密を避けるためにしませんでした。けれども、子どもや親の口コミで、今年初めてという小中学生にまで広がってきています。28日までが募集〆切です。

 

■2020/07/22 初窯焚き。今回購入した電気陶芸窯:日本電産シンポDMT-01 は炉内寸法H300mm・W270mm・D270mm のマイコン付き小型電気窯です。小型電気窯の中では炉内寸法は最大です。陶芸入門者からプロ作家まで愛用されています。作品の量産には向きませんが、一品もの作陶や釉薬実験にはかえっていいのです。陶芸窯には、薪窯・ガス窯・灯油窯・電気窯・木炭窯があります。電気窯以外は、焚き手が燃料・空気送風・温度を管理しなければなりません。全自動というわけにはいきません。10数時間もの窯焚きが必要です。体力も消耗します。近年の電気窯はものすごく進歩していて、10パターンのプログラムから選んでスタートを押すだけです。あと20パターンお好みのプログラムを自作し登録することもできます。今日は初めて通電して、400度までを5時間かけて窯を慣らす「試運転」です。DMT-01には、200度まで上げる「乾燥」というプログラムもあるので、「試運転」が今日すんだら、葵との粘土遊びの作品乾燥に入ります。自然乾燥でも充分なんだけど、機能を確認するためです。夕方6時までの初窯焚きです。

 

■素焼きしていない乾燥作品に化粧泥を掛け(なまがけ)、一気に本焼きする粉引きという焼き方もありますが、ゆっくり一歩一歩試していきます。

 

■電気窯試運転 4時間経過 17:08現在 396度でした。窯を外からさわってもほとんど熱を感じません。断熱耐火レンガであることと、冷却ファンが回っているからでしょう。窯を焚きながら、蓮の写真撮りにいけるのだから、すごくいいです。ガス・灯油・薪窯だったら、火のそばを離れられません。

 

32597
■ 7/22 三股町勝岡小学校まえの蓮田に行ってきました。2回目。まだまだ開花が楽しめそうでした。本当は朝早く行った方がもっとみずみずしくきれいだと思います。独り見とれている静かな時間。

 

32597
白蓮華(古代印度の言葉でプンダーリカ=漢訳:分陀利華)  正信偈の一節「一切善悪の凡夫人、如来の弘誓願を聞信すれば、仏(お釈迦様)は、広大勝解のひととのたまへり。この人を分陀利華と名づく」、お念仏の信心を得た人を、「妙好人、最勝人、白蓮華」と呼んだのです。人生のご苦労の泥田に咲いた美しい華、それがお念仏です。 

 

32597
はらりと咲いた可憐な姿。花びらに囲まれた蓮台に阿弥陀様はお立ちです。

 

32597
一面の蓮田。今度は時間も変えて、ハッセルブラッド(中判フィルムカメラ)で狙います。

 

32597
孫娘との陶芸粘土遊び。じじの作った陶板皿にゼムクリップで作った彫りカンナで葵(あおい もうすぐ5才)が絵を描きました。ウサギと花と太陽だと言っています。凹の部分に絵具を埋め込みます。または、種類の違う粘土を埋め込む方法もあります。象嵌(象眼)という技法です。葵のカレー皿になります。

 

32597
■ 2020/07/19 今日は13:30から今年度初めての門徒会役員会(総代・組長44名と住職・寺族)です。少しずつ日常に戻していきます。昼食は冷素麺だというので、畑(畑のよこの草むら)にミョウガを探しにいきました。あった、あった。こんなに沢山ふっくらと。

 

32597
こちらは、住職お手製ミョウガの甘酢漬け。沸騰したお湯で、2分くらいゆでて、熱を冷ましてから、お酢に砂糖をいれて2〜3日冷蔵庫で漬け込みます。口当たりがさわやかな夏の味覚です。お皿は福岡の上野焼き。粉引きです。

 

32597
■13:30から今年度初めての総代・組長(37地区代表)の会をしました。時々雷雨になるなか、予定どおり15:00までスムーズに会議が進行しました。ありがとうございいました。本日配付の寺報と会議資料を下に置きました。

 

■ 正定寺だより 蓮華座7月号

 

■ 役員会レジュメ

 

 

夏休み子ども寺子屋

 

■ 夏休み子ども寺子屋は、7月19日現在、申込み24名です。

 

32597
7月18日(土)14:00 夏休み子ども寺子屋の工作の時間に、陶芸をします。今日は、欅風工房に、門徒会長と仏婦幹事さん3名集まっていただいて、小皿(玉づくり)とマグカップ(ひもづくり)の講習でした。会長は教職経験者、仏婦3名は山田町立保育所時代の所長や主任保母経験者です。わたしをいれて5名で子どもたちに教えます。7月中に、一度素焼き・本焼きまでをテストします。本番では三密を避けるために3班に分けて、心くばり、目くばりをします。

 

32597
孫娘あおいとの粘土遊び。7月の5才のお誕生日までに、カレー皿を作ります。

 

32597
ゼムクリップと割り箸で作った陶芸小道具。これであおいがお皿に絵を描きます。

 

 

■ 正定寺夏休み子ども寺子屋2020のご案内 

 

■ 「正定寺夏休み子ども寺子屋の開催のねがい」 

 

■ 正定寺夏休み子ども寺子屋の参加申込み、現在12名です。今年は3密を避けるため、30名定員としました。調理実習もしません。今日7月8日、小型電気陶芸窯が配達されます。欅風工房を昨日かたづけてお迎えの準備もできました。粘土・釉薬・作陶小道具もすべて届きました。さあ、明るい夏にするぞお。gensho

 

 

■蓮の季節 三股町勝岡小学校正門前の蓮田2020/07/02

 

32597

 

32597

 

32597

 

■家から約10q、三股町の蓮田、そろそろ咲いてないかなあと行ってきました。広い一面の蓮田に純白・ピンク・赤、色とりどりに咲いていました。帰り道DIYハンズマンによって、「夏休み子ども寺子屋」の陶芸の小道具作りの材料買ってきました。陶芸専門ショップ(ネット)でも売ってはいますが、どの小道具も12〜3個はいるので、買うのはやめ。自分の作陶イメージにあわせて自作小道具が基本です。

 

■親鸞聖人のお言葉『教行信証』より。・・・・・・〈淤泥華〉(蓮の華のこと)とは、『経』(維摩経)にのたまはく、〈高原の陸地には蓮華を生ぜず。卑湿の淤泥にいまし蓮華を生ず〉と。これは凡夫、煩悩の泥のなかにありて、菩薩のために開導せられて、よく仏の正覚の華を生ずるに喩ふ。・・・・・・ 水も空気も涼しく澄み切った高原には蓮の華は咲かないものです。卑しくじめじめしたよごれた泥田に、泥をものともせず身に引き受けて、蓮は一点の濁りもなく咲きます。これは凡夫が欲と愚痴と怒りの煩悩の泥の真っ只中にありながら、菩薩に導かれて、よくさとりの華を咲かせることをたとえたのです。泥中蓮華、泥が蓮華に転ぜられたのです。阿弥陀如来は、蓮台にお立ちです。「あなたの命の底、苦悩の人生のどん底に、なんまんだぶつと声になって、わたしはここにいっしょにおるぞ」という如来の誓いのお姿です。日々お念仏申しましょう。今日は、蓮が見れてよかった。また行こうっと。合掌 2020/07/02

 

■初盆のご案内と夏休み子ども寺子屋のご案内DMを発送しました。2020/07/01

 

■新型コロナウイルスの影響をうけて帰郷が困難な離郷門信徒のために、「正定寺オンライン法事相談窓口」を、サイドメニュー「正定寺オンライン法事」に開設しました。

 

■有楽庵の記事、陶芸の記事は、サイドメニュー「genshoの近辺など」へ、仏教サロンすっぴんの記事は、サイドメニュー「仏教サロンすっぴん2020」に移転しました。 

 

孫娘あおいと陶芸遊び

 

32597
粘土は本格的備前焼き粘土。大きな深皿はスープ皿。昨日作りました。今日はあおいが割り箸の先で、お花とウサギを描きました。今日は小さなミルクカップ、ひも作りで積み上げます。あおいが、「おじいちゃん、電子レンジで焼くの?」と聞くので、「まあそれに似てるね」と応えました。手を動かしながらの会話が楽しい。明日は、「カレー皿」が作りたいそうです。

 

32597
手びねりで作るのですが、粘土のなかに空気を閉じ込めないことが大事です。素焼きの段階で、温度が上昇したときに、膨張した空気の逃げ場がなくて、作品が破裂するからです。でも今は細かい注文はしません。あとで、そっと点検しています。

 

32597
埼玉県の「彩里陶材さん」に、今日、銀行振込しました。樹脂でできた手ロクロ(軽量で子どもや高齢者向き @1,368円 10個)も追加発注しました。夏休み子ども寺子屋では、8〜10人一組に児童をグループわけして指導しようと思っています。密集を避けることと、学年を分けて一人一人に目配りしたいからです。子ども寺子屋の門徒ボランティアスタッフに、教職経験者1名(男性)、保育士経験者3名(女性)がいることも大きな力です。スタッフ全員というより、まずはこの4人に事前学習(マグカップ制作)してもらい、わたしの助手になってもらいます。

 

■ 2020/06/29 今日は、初盆を迎えられるご家庭へのお手紙の宛名書きでした。まだ先なんだけど、コロナの問題もあって、ご門徒もどうしたものかと思案中です。早めにお寺の対応をお知らせします。

 

 

■ 2020年 玄章法話集 ■

 

【音声法話の聞き方】
■ ウィンドウズ WMA形式 と マック MP3形式 で配信します。
機種にあわせて形式をえらび、「法話」をダブルクリックしてください。

 

 Windows  Android   WMA  分  Mac MP3
第1話 横超断四流 念仏は生老病死の暴流を超える道  50 第1話
第2話 健体康心 長寿の行方は? 高原町早春講座@        48 第2話
第3話 言葉はいのち言葉はひかり 高原町早春講座A    37  第3話

■ 第2話〜第3話・・・・2月4日立春 隣町の宮崎県高原町 市民講座「皇子原学園」に招かれました。高原町は高千穂の麓、温泉も湧き農業も畜産も元気な町です。玄章は、皇子原温泉や湯之元温泉に出没し、温泉友達もたくさんいます。親しさのあまりに、ちょっと方言で語りすぎたかな? 梅もほころんだので、語りもほころんでしまいました。楽しかった。帰りは温泉でぬくもって、ぶらぶら帰りました。往きも還りも、話もぶらぶらでした。

 

■ 2019年 玄章法話集 ■

 

 Windows  Android   WMA  分  Mac MP3
第1話  お寺は安心をいただく処  正信とはハイという返事  17 第1話
第2話 「各各安立 無量衆生 於仏正道」 仏法は安心立命   37 第2話
第3話  宗教はいのちの全体性の回復  わたし全体と阿弥陀全体  27 第3話

 

A列:阿弥陀如来とB列:わたし対応表

1 2 3 4 5 6
A列 還相廻向 極楽浄土 阿弥陀仏 絶対 無限 独立 唯一 全体 完全
B列 往相廻向 娑婆世界 一切衆生 相対 有限 依存 多数 部分 不完全

 

7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
不可思議 非対象智 超個我 超時間 超空間 超因果 自由 本質 言語誕生
思議分別 対象智 個我 時間 空間 因果 束縛 属性 言語帰順

 

救われるということ・連載 1〜22 はサイドメニューにあります。

 

■ 救われるということ:23  対応表その2
■3月15日 執筆開始!

 

 

『大無量寿経』の時間論

 

■『大無量寿経』の全体構造を「時間論」という視座から書けないかと思い、始めてみました。何度も素描を繰り返すことになります。連載原稿は、サイドメニュー:『大無量寿経』の時間論 〜 におきます。

 

■素描5:大乗経典に表現された時間

 

 大乗経典とよばれる膨大な経典群のなかでも特に代表的な経典は、『涅槃経』、『華厳経』、『法華経』、『維摩経』、『般若経』、『浄土三部経』等である。
■ 連載原稿は、サイドメニュー:『大無量寿経』の時間論

 

 

【 TOP法話 −  はじめての仏教 】

Windows  Android   WMA    法話のテーマ  Mac MP3
2019新春:1  唯という文字の心   正信偈120行に唯の文字6つ  34 新春:1
夏休み子ども寺子屋 子供の読経「重誓偈」   7 子供の読経
彼岸5  忍力成就して衆苦を計らず   くらべはかりを捨てた阿弥陀様  16 彼岸5
彼岸4 仏教の形はウチワです。最初のボタンを大切に!  26 彼岸4
彼岸3 ホーリーネームってなに?  地下鉄サリン事件から23年  41 彼岸3
彼岸2 神話の死生観からの脱却、仏教伝来で日本人の人生観が変わった   24 彼岸2
彼岸1 いのち破れて光りあり  ことしも春彼岸が近づきました。    28 彼岸1

第1話  一・いちってなあに? 2才の孫娘あおいの質問から 

 25 第1話
第2話 鳥の言葉・仏の言葉 卵の黄身と白身が親鳥の声を聴いている  22 第2話
第3話 主語が変わると世界が変わる        5才児への法話   8 第3話
第4話  食べ物さま いただきます ご馳走さま  中学生への法話   9 第4話
第5話 宇宙の呼吸が春になる 花は雲を呼び 雨は花となる   5 第5話
第6話 中国に咲いた禅の華 如何なるかこれ奇特の事 独坐大雄(ゆう)峰  28 第6話
第7話 地獄に堕ちる 現代人の地獄は孤独・不安・退屈・空虚・無意味  58 第7話

  MAC iPad iPhone は MP3音声で再生してください。

 

欅風工房日記は、「Genshoの近辺など」に移動しました。

 

32597
■小中高生に贈る日めくりカレンダー『言葉は風』公開
  風景イラストはネットのフリーイラストを使いました。御礼 2018/08/20

 

■聞法者に贈る日めくりカレンダー『いのちの窓』公開

 

■巻頭随想のバックナンバーは、サイドメニュー「一日一語 いのちの窓」にあります。

 

【音声法話の聞き方】
■ ウィンドウズ WMA形式 と マック MP3形式 で配信します。
機種にあわせて形式をえらび、「法話」をダブルクリックしてください。

 

■ 聞きたい法話の冒頭「第○話」をクリックすると、ファイルを開く or 保存 の文字が画面下段に表示されます。ファイルを開くをえらびます。次に、許可する or 許可しないの文字が表示されたら、許可するをえらぶと、法話が始まります。

 

■ 【接続例 ドコモ・スマホ エクスペリア】 amidanetのトップ画面の右上角に「・・・」点が3つ縦にならんだボタンが「設定」です。「設定」をクリック。設定画面が表示されたら、下段に「PC版サイトを見る」の文字をクリックするとパソコンとおなじamidanet画面になります。「エクスペリア」は、「WMA」ではダウンロード(保存)もできました。そのまま音声を聞くには「MP3」が速いです。

 

■ 【接続例 iPhone  スマホ Safarサファリ】 iPhoneでSafariアイコンをタップし、 「Safari」を起動します。下部の「アクション」アイコンをタップします 「デスクトップ用サイトを表示」をタップして表示を切り替えます。パソコンとおなじamidanet画面になります。機種によっては、「検索フィールド」をタップ → 「デスクトップ用サイトを表示」で切り換えです。

 

■ 携帯スマホやタブレットは、WiFiのあるところでお聞きになるか、音声データをダウンロード(保存)してお聞きください。(通信費節約のため)

 

 

■法話ライブでは資料メモは持ちませんので、表現した言葉や数字に間違いがあった場合は、後日訂正とさせていただきます。

 

■本サイトの記事や音声データの複写並びに配付は禁じます。

 

■サイト責任者 尼子 玄章  浄土真宗本願寺派  宮崎教区都城組正定寺住職

 


TOP 仏教への招待 Genshoの近況など ダウンロード 正定寺オンライン法事